価格に差があるのは?

ホワイトニングには価格に差がありますが、その理由を考えてみましょう。まずホワイトニングは保険が利かない自由診療であり、医師によって大きく差があるとも言われています。また歯科医院ではそれぞれ個人輸入で海外から薬を取り寄せたり、医療品販売会社から取り寄せているため、入手の違いから価格の違いも出てくるのです。

オフィスホワイトニングよりホームホワイトニングが安いのは技術料がないからです。オフィスホワイトニングの施術は医師が行うため、医師の技術料が入ることになります。その点オフィスホワイトニングは2回目からは薬だけなのでグーンと安くなるのです。それでも個々の歯科医院によって価格はさまざまなので歯科医院選びも重要となります。

さて、オフィスホワイトニングの中でも、1回の施術で歯のカラー見本の8段階~10段階ほど一気に白くなるという強力なホワイトニングシステムがあります。これはブライトホワイトというアメリカのNASAの学者によって開発されたシステムです。このブライトホワイトは1回約70000円程度という高額なものですが、日本では12の審美歯科で行われています。このように特殊なホワイトニングもあるので、価格には相当差があるのが現実です。

ホワイトニングの価格

ホワイトニングが人気の中、審美歯科や一般歯科でも行っているところが増えています。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの価格についてのご紹介です。まずオフィスホワイトニングですが、多くの場合審美歯科で行われています。まだ一般の歯科では行っていないところも多いようです。

一般歯科で施術が行われている場合のオフィスホワイトニング料金の相場は、約1回30000円~50000円程度と言われていますが、もちろん保険が利かないので、価格は歯科病院によってまちまちです。審美歯科の場合は1回5000円~30000円と一般歯科より安くなるというのが相場です。ただし高濃度漂白剤を使わずにポリリン酸やメタリン酸を使っている医院もあります。その場合、比較的安い価格となっていますが効果は全く違うので、その辺をしっかり効いてから行うべきでしょう。ちなみに私の知人が通っていた大阪ホワイトニングではこのポリリン酸でのホワイトニングを行っていて、1歯500円で対応してもらえると言っていました。気になる歯だけちょこちょっと行える金額なので、かなりリーズナブルですね。

そして、ホームホワイトニングの価格についてです。ホームホワイトニングの場合は、一般歯科の場合は約20000円~40000円程度と言われており、審美歯科の場合は15000円~35000円程度と、やはり一般歯科の方が高くなる場合も。ここでご紹介した価格はマウスピースの作成も含まれています。以後は薬剤購入だけなので、1週間分で3000円~10000円。薬剤は皆同じなので価格にも大きな差は出ません。